地域づくり

小地域福祉活動(支会活動)の推進・助成
支会(しかい)とは、小地域で地域住民の主体的な福祉活動を行ってゆくための組織(地域福祉推進基礎組織)のことであり、東区では、コミュニティ協議会のエリア(概ね小学校区)を単位とし、12の支会が組織されています。
東区社協では、支会活動の推進のため、組織体制・財政基盤・事業活動の支援などに取り組んでいます。
地域の茶の間支援・助成
地域の茶の間は、おとしよりから子どもまで、障がいの有無に関わらず、誰もが気軽に集まって過ごせる地域の「居場所」です。
孤独感の解消、ストレスの解消、社会参加、生きがいづくり、仲間づくり、介護予防などの効果があり、顔の見える関係が広がることにより、緊急時に対応できるまちづくり、地域づくりにもつながります。
地域ふれあい事業助成
誰もが住みなれた地域で、安心して暮らせるよう、地域住民のふれあいや交流を目的とした「場づくり」のための事業です。
自治会・町内会、連合自治会が実施する「ふれあい給食事業」「世代交流事業」「いきがい推進事業」に助成しています。
子育てサロン支援・助成
子育て中の親子の不安・ストレス解消、情報交換の場として気軽に集える「子育て中の親子の居場所」であり、地域の子育て支援していく「助け合い・支えあいの場」である「子育てサロン」に対して助成や立ち上げ・運営支援を行っています。
ご近所だんぎ
住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、「理想のご近所づきあい」「ささえあいのまちづくり」につながるヒントを地域のみんなで考えようと、月1回のペースで、身近な題材をテーマにゆるやかな意見交換の場・ご近所の方との交流の場として開催しています。(会場:石山地区公民館)
歳末たすけあい事業助成
歳末の時期に、支援を必要とする皆さんが地域で安心して暮らすことができることを目的に、地域住民が主体となって行う福祉活動や、福祉施設が地域と協働で行なう事業に、共同募金の歳末たすけあい募金配分金を財源として助成を行います。
おもいやりのひとかき運動
おもいやりのひとかき運動は、バスの停留所や交差点を中心に除雪用スコップを設置し、バスや信号の待ち時間を利用して区民の皆様から除雪にご協力いただく事業です。
また、地元自治・町内会の皆様より「ひとかき除雪」の協力を呼びかけていただくことで、地域の方々の思いやりと助け合いの心を育むことを目標としています。

本文ここまでページトップへ戻る

Copyright(c) Higashi Ward Council of Social Welfare, All rights reserved.