ボランティア・福祉教育

福祉教育、体験学習

福祉教育

区内の小・中学校の総合的な学習の時間に、福祉や社会教育について学習する中で、福祉って何だろう?一人ひとりの違い・互いのかかわり方・わたしたちに出来ることなどを段階的に学ぶことにより、福祉に関する理解と心豊かな成長を促し、地域福祉を推進する目的があります。

体験学習

福祉教育を推進する中で、視覚障がい(白杖・アイマスク)、身体障がい(車いす)、聴覚障がい(手話・点字)、高齢者疑似体験(うらしま)などの体験学習へのお手伝いや講師の紹介をしています。

 

本文ここまでページトップへ戻る

Copyright(c) Higashi Ward Council of Social Welfare, All rights reserved.