高齢者・障害のある方へ

友愛訪問事業
見守りが必要な、一人暮らしの高齢者(原則70歳以上)等が、住みなれた地域で安心して暮らせるように、月1回定期的に地区民生委員児童委員協議会や支会のボランティア等が訪問し、安否の確認と孤独感の解消を図ることを目的とし、その手段として乳酸菌飲料をお届けしています。
日常生活自立支援事業
認知症高齢者等、判断能力が不十分な方の福祉サービスの利用を援助する制度で、区社協で相談を受け、新潟市日常生活自立支援センター(あんしんサポート新潟、市社協地域福祉課内)へつなぎ、安心して地域で暮らすお手伝いをします。
ふれあいティールーム(生きがい対応型通所事業[市委託事業])
一人暮らし高齢者などの介護予防事業の一環として、市から委託されている事業で、「ふれあいティールーム」を大山台ホーム、シルバーピア石山の2か所で週2回実施しています。利用には、市への利用申請が必要となります。
夕食宅配サービス事業
在宅で暮らすおおむね65歳以上の一人暮らしまたは高齢者のみの世帯を対象に、業者を通じて栄養バランスのとれた夕食をお届けし、併せて安否の確認を行う事業です。
一食あたり720円で、ご希望により月曜日から土曜日まで(ただし祝日は除きます)ご利用が可能です。
おせち料理配食事業
歳末たすけあい募金配分事業として、年末時期の見守り活動とよい年を迎えてもらうことを目的に、毎年12月30日に地区民生委員児童委員協議会や支会のボランティア等が友愛訪問の対象世帯を訪問し、おせち料理を配食しています。

本文ここまでページトップへ戻る

Copyright(c) Higashi Ward Council of Social Welfare, All rights reserved.