高齢者・障害のある方へ

友愛訪問事業

友愛訪問は、ひとり暮らし高齢者等が安心して快適な生活が送れるよう、安否の確認や孤独感の解消に努め、福祉の向上を図ることを目的として実施しています。

訪問の手段として、月1回、定期的に乳酸菌飲料(7・8月は石けん)を訪問ボランティアさんから利用者宅へ持参していただいています。その際、お話し相手などをしていただくことで、利用者の安否の確認や孤独感の解消につなげています。

この友愛訪問事業は東区内の12の地域で実施されており、自治会・町内会や民生委員・児童委員、地域のボランティア団体などを中心に実施いただいています。

また、年に2回程度、各地区の代表者や友愛訪問担当者にお集まりいただき、各地区の交流を目的とした講演会や交流会を行う連絡会を開催しています。

 

本文ここまでページトップへ戻る

Copyright(c) Higashi Ward Council of Social Welfare, All rights reserved.