障がいのある方

地域ふれあい事業助成

地域ふれあい事業を実施しませんか

地域ふれあい事業とは

誰もが住みなれた地域で、安心して暮らせるよう、自治会・町内会や支会、コミュニティ協議会など地域住民が主体となり実施される、ふれあいや交流を目的とした「場づくり」のための事業です。

自治会・町内会、支会、コミュニティ協議会などが実施する「ふれあい給食事業」「世代交流事業」「いきがい推進事業」に助成します。

事業メニュー事業内容
(1)ふれあい給食 一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯の方等の孤独感の解消や健康の維持、見守り安否確認のために、ふれあい会食会等を実施する。
(2)世代交流 核家族と一人暮らし高齢者が増加する状況を踏まえ、世代を超えたふれあい交流の場づくりをする。
(3)いきがい推進 高齢者や障がい者等の日常生活の活性化のために健康相談、趣味の講座、健康チェック・体操などを実施する。

 助成は、それぞれの事業ごとに、同一の団体に対し年3回までとします。

実施範囲助成限度額(1回)
自治会・町内会 10,000円
小学校区 20,000円
中学校区 30,000円
複数中学校区 40,000円
【助成申請】

助成を受けるには、事業を実施後、事業に係る費用の領収証の写しを添えて、事業報告兼助成申請をしていただく必要があります。
事業報告兼申請書の様式は下記よりダウンロードできます。印刷してご利用ください。

申請・報告様式ダウンロード

 

本文ここまでページトップへ戻る

  facebook
このページのトップに戻る

Copyright(c) Nishi Ward Council of Social Welfare, All rights reserved.